本文へジャンプ。
サイト全体のメニューへジャンプ。
ネットバンキングメニューへジャンプ。
サブメニューへジャンプ。
フッタへジャンプ。

ホーム > 株主・投資家の皆さま > 頭取ごあいさつ

頭取ごあいさつ

取締役頭取 小林英文

平素より七十七銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

まずは、このたびの新型コロナウイルス感染症の感染拡大により影響を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

さて、日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により厳しい状態が続きましたが、設備投資や住宅建設等を中心に持ち直しの動きがみられております。一方、当行の主要な営業基盤である宮城県においては、東日本大震災からの震災復興需要の反動や新型コロナウイルス感染症に伴う経済制約等がありましたが、基調としては持ち直しの動きで推移しております。

このようななか、地域金融機関においては、マイナス金利政策などを背景とした収益性の低下、少子高齢化や人口減少、東京一極集中などによる地方マーケットの縮小、他行・異業種との競合等による収益機会の減少への対処が課題となっております。

こうした課題に対処しつつ、「地域の繁栄を願い、地域社会に奉仕する」という経営理念のもと、地域金融機関としての使命を将来にわたって果たし続けるため、この4月より新たに計画期間を10年とする新・経営計画「Vision 2030」をスタートさせております。

「Vision 2030」では、金融サービスの充実と非金融分野における事業領域の拡大により、お客さまに最良のソリューションを提供するとともに、宮城・仙台圏を中心にネットワークを構築し、活躍のフィールドを広げることにより、地域をリードする企業グループ「リーディングカンパニー」への深化を目指すべく、現在、全役職員が一体となって、各施策等への取り組みを強化しております。

また、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、地域に対して十分な資金供給を図り、金融仲介機能を発揮していくとともに、影響を受けられたお客さまに対して最良のソリューションを提供することで地域経済を支えてまいりますほか、コンプライアンスに対する全役職員の意識啓蒙およびコーポレートガバナンス体制の強化にも、より一層積極的に取り組み、地域金融機関としての使命を果たせるよう、役職員一同取り組んでまいります。

今後ともより一層のご支援、お引き立てを賜りますよう、お願いいたします。

2021年12月

取締役頭取
小林英文