本文へジャンプ。
サイト全体のメニューへジャンプ。
ネットバンキングメニューへジャンプ。
サブメニューへジャンプ。
フッタへジャンプ。

ホーム > 個人のお客さま > 将来に備える > 投資信託 > これから投資信託をはじめる方へ

これから投資信託をはじめる方へ

投資信託の概要

投資信託とは

投資信託とは、複数の投資家から集めた資金をひとつの基金(ファンド)にまとめ、信頼ある資金運用の専門家に委託することにより、様々な債券、株式および不動産などに投資する金融商品のことです。運用で生じた収益や損失を含めその成果は、投資額の割合に応じて投資家に還元されます。市場で運用される商品であるため、ファンドの内容や購入・換金のタイミング等により、お受け取り金額が変動する可能性があります。

投資信託のしくみ

投資信託では、それぞれの分野の専門家が販売・運用・資産管理を分担し、厳正で効率的な運用を実現しています。
このお金の流れは、銀行預金の仕組みとはまったく異なります。

投資信託のしくみ

各社の役割

投資信託の仕組みの中で、販売会社や運用会社等は以下のような役割を担っています。

  役割 内容
販売会社 お客さまとの窓口になります。 お客さまのご要望に合った投資信託をお選びいただくためのアドバイスやご相談、ご購入後の情報提供などを担当します。
運用会社(信託会社、投資信託会社と呼ぶ場合もあります) 資金運用を担当します。 信託銀行に対して有価証券等の売買指図をします。運用に必要な調査や企業訪問、運用プロセスや運用結果に関するお客さま向けレポートの作成も担当します。
信託銀行 信託財産の保管・管理を担当します。 お客さまのご資産(信託財産)を安全に保管・管理します。また、運用会社の指図通りに有価証券の売買事務を執行します。

投資信託の特徴

投資信託は、その投資対象、運用期間、運用スタイルなどさまざまに分類することができますが、共通する特徴として次の4つのポイントがあげられます。

1.専門家が運用
小口の資金を大きくまとめて、専門家が運用します。
2.資金を分散して運用
リスクを減らしつつリターンを高めるため、複数の株式や債券などの金融商品に、資金を振り分けて運用しています。
3.リスク&リターン
一般的に、預金よりも高い「収益」=リターンが期待できますが、元本の保証はなく、「元本割れの可能性」=リスクもあります。
4.タイプが選べる
リスク&リターンの度合いが異なる様々なタイプの投資信託から、お客さまのニーズに応じて、お選びいただけます。

投資信託のお取引上の注意点

投資信託をご購入の前に

ご購入前のチェックポイント

1.まずお客さまのご要望・ご意見などをお聞かせください。

当行では様々なタイプの投資信託(ファンド)を取り揃えております。お客さまの投資のご経験、投資の目的、資産状況などをお伺いし、お客さまにふさわしい商品を提案させていただきますので、担当者までご相談ください。

2.「投資信託説明書(目論見書)」をよくお読みいただき、内容をご理解ください。

投資信託をご購入の際には、必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」等をよくお読みいただき、内容をご理解ください。 「投資信託説明書(交付目論見書)」等は、ファンドごとに作成されており、ファンドの仕組みや特徴を解説した説明書で、知っておかなければならない重要な情報が掲載されています。
お客さまがファンドを購入される前に必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」等をお渡ししておりますので、お受け取りになられましたら、よくお読みいただき、商品内容・リスクなどを十分にご理解されたうえで、ご購入のお申込み手続きを行ってください。

3.商品内容・リスクなどについて、ご不明な点はお気軽にご質問ください。

ファンドの商品内容やリスクなどについて、担当者より説明させていただきますが、「投資信託説明書(交付目論見書)」等の内容などご不明な点がございましたら、何なりと担当者にご質問ください。

投資信託のリスクについて

  • 投資信託は、株式など価格変動を伴う有価証券等に投資するため、以下の要因などにより、投資元本を割込むことがあり、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
    1. @組入株式の価格の下落、金利変動等による組入債券の価格の下落
    2. A組入株式・組入債券等の発行者の経営・財務状況の変化
    3. B海外の株式・債券等への投資における為替相場の変動
  • 換金可能日に制限(クローズド期間等)がある投資信託商品は、換金できない場合があります。
投資信託ご購入にあたってのその他のご留意事項
  • 投資信託をご購入の際には、投資信託取扱店にて最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」等をお受け取りいただき、商品内容やリスクおよび手数料等の詳細を十分ご理解のうえ、ご自信のご判断でお申込みください。
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険および投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。

ご購入後のチェックポイント

4.各種報告書をご確認いただき、大切に保管してください。

投資信託につきましては預金のように通帳や証書を発行いたしません。当行より下記の各種報告書を郵送いたしますので、内容をよくご確認のうえ、大切に保管してください。

主な報告書の種類
(1)取引報告書 投資信託の募集、購入、解約、買取のご注文が成立したことをお知らせする書類です。
(2)取引残高報告書 投資信託のお取引明細とお預り残高を定期的にご報告するものです。
(3)収益分配金のご案内・再投資のご案内 収益の分配が行われた場合に、そのお受け取り金額や再投資の明細をご報告するものです。
(4)運用報告書 運用会社がファンドの決算期毎(計算期間が6ヵ月未満のファンドの場合、6ヵ月毎)に作成するもので、ファンドの運用の経過や実績などをご報告するものです。

本サイトは、当行が取扱う投資信託ファンドの概要等を紹介するために当行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。より詳細な内容は、投資信託取扱店までお問い合わせください。

投資信託のリスク(詳細)について

  • 投資信託は、株式など価格変動を伴う有価証券等に投資するため、以下の要因などにより、投資元本を割込むことがあり、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
    1. @組入株式の価格の下落、金利変動等による組入債券の価格の下落
    2. A組入株式・組入債券等の発行者の経営・財務状況の変化
    3. B海外の株式・債券等への投資における為替相場の変動
  • 換金可能日に制限(クローズド期間等)がある投資信託商品は、換金できない場合があります。

【投資信託ご購入にあたってのその他のご留意事項】

  • 投資信託をご購入の際には、投資信託取扱店にて最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」等をお受け取りいただき、商品内容やリスクおよび手数料等の詳細を十分ご理解のうえ、ご自身のご判断でお申込みください。
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険および投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。

投資信託の諸費用について

  1. お客さまに直接ご負担いただく費用
    • お申込手数料(当行取扱ファンド):お買付金額(約定金額)に対し最大3.24%(消費税込)
    • ※お申込手数料はファンドにより異なります。詳しくは各ファンドの最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」等をご覧ください。

    • 信託財産留保額(当行取扱ファンド):ファンドの基準価額に対し最大0.7%
      • ご換金時に上記割合が差し引かれます。
  2. 間接的にご負担いただく費用
    • 信託報酬(当行取扱ファンド):ファンドの純資産総額に対し最大年率2.1384%(消費税込)

      • 運用期間中、ファンドの純資産総額から上記割合が差し引かれます。
    • 資産の運用・保管・管理等に際し、有価証券売買手数料等の諸費用等が発生いたしますが、これもお客さまが間接的にご負担いただく費用となります。

    (ご注意)

    ※信託報酬および信託財産留保額はファンドにより異なるほか、運用などに際し発生する諸費用などについては、今後の運用方法などにより変化するため、詳細を掲載しておりません。詳しくは各ファンドの最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」等をご覧ください。なお、手数料など諸費用の合計額および一部費用の詳細については、保有期間などに応じて異なりますので表示できません。

ご不明な点がございましたら、投資信託取扱店の担当者または本部(担当部署)までお問い合わせください。

投資信託取扱店
東北地区の全営業店(一部の出張所を除く)および札幌支店
投資信託担当部署(本部)
営業統轄部 営業開発課
商号等
株式会社七十七銀行 登録金融機関 東北財務局長(登金)第5号
加入協会
日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会