本文へジャンプ。
サイト全体のメニューへジャンプ。
ネットバンキングメニューへジャンプ。
サブメニューへジャンプ。
フッタへジャンプ。

ホーム > 株主・投資家の皆さま > 社会貢献活動実績 > 金融教育の支援

金融教育の支援

東北学院大学提供講座

東北学院大学提供講座 地域経済の発展と人材育成に資する教育研究を通じて地域への社会貢献を推進することを目的に、2011年度より、東北学院大学経営学部において「七十七銀行提供講座」を開講しております。
銀行業務の具体的内容や最近の金融動向および地域金融機関の役割等について、当行行員が講義を行う本講座は、今年度で7回目となり、9月の開講から、328名の学生が受講しております。

全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」宮城大会

人生設計や生活防衛に不可欠な金融経済知識を習得する教育事業を通じて、地域への社会貢献を図るため、特定非営利活動法人金融知力普及協会との共催により、全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」宮城大会を2009年度より開催しております。
今年度も12月に、9回目となる宮城大会を当行本店で開催予定です。

体験型教育プログラム「スチューデント・シティ」の活動

スチューデント・シティの風景 2014年9月より仙台市が開設した就業体験施設「仙台子ども体験プラザ−Elem 」において、小学生向け体験型教育プログラム「スチューデント・シティ」の活動を行っております。
本プログラムは、再現された店舗・事務所での従業員や顧客としての体験を通じて、経済や社会の仕組み、仕事の流れなどについて学ぶもので、仙台市の公立小学校5、6年生の授業のカリキュラムの一部として行われます。
当行では、本プログラムの協賛企業として、銀行窓口を再現したブースを設置するとともに、運営ボランティアの派遣を行っております。2017年度上半期は、48校約3,500名が参加いたしました。

七十七銀行金融資料館

七十七銀行金融資料館の風景 1998年12月、創業120周年を記念し、地域の皆さまの長年のご愛顧への感謝を込めて、七十七銀行金融資料館を開設いたしました。展示パネルや実物資料、映像、体験展示などを通して、お金の歴史と役割、銀行の誕生と発展、宮城県や日本の産業経済等をわかりやすく紹介しております。
2017年度上半期は、小・中学校計46校の学生を含む約1,200名の皆さまにご来館いただき、金融教育の場にご活用いただきました。

所在地
七十七銀行本店4階 入館無料
開館時間
平日9:00〜15:00(銀行休業日は休館)

(地域開発部調査課022-211-9735)