七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


「石巻鋳銭場」鋳銭年表


石巻鋳銭場絵巻

石巻鋳銭場は、享保年間から幕末まで置かれた仙台藩の貨幣鋳造所です。当「金融資料館」では、鋳銭工程をリアルに描いた絵巻の一部を電動の展示装置で紹介しています。
この絵巻は「石巻鋳銭場絵巻」の一部で、銭の鋳造の中でも最も重要な工程(銭貨の型を取るところからきれいに仕上げるところまで)を紹介しています。


寛永通宝(かんえいつうほう)
(銅一文銭)
裏に仙台を表す「仙」が
刻まれています。
寛永通宝(かんえいつうほう)
(鉄一文銭)
「仙」を略した「干」が
刻まれています。
仙台通宝(せんだいつうほう)
(鉄一文銭)
撫角銭(ぶかくせん)とも呼ばれ、
質が悪くあまり使用されませんでした。


(資料協力:毛利伸氏、石巻文化センター)

大金庫室お金の世界 宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM