七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


外国のお金:イギリス(ポンド)



50ポンド(サー・ジョン・フーブロン銀行家)

 
イギリスの銀行券は、額面(がくめん)金額が大きくなるにつれて、縦横(たてよこ)ともに少しずつ大きくなります。
表面には統一的にエリザベス女王の肖像(しょうぞう)を用い、裏面には発明家、作家、銀行の創設者(そうせつしゃ)など、文化・経済人の肖像とその人物に関連した図柄(ずがら)を採用しています。
ポンド(£)の貨幣(かへい)単位名は、古代ローマ帝国の重量単位の「ポンドゥス」に由来(ゆらい)しています。イギリスでは8世紀頃から、重量1ポンドの銀から決まった枚数の銀貨がつくられていましたが、後に銀の重量とは切り離された貨幣単位となりました。 ポンドはかつて大英帝国の通貨単位で世界的な単位でしたが、現在では本国以外では幾つかの旧英国領の国や地域で使用されるにとどまっています。


(資料協力:大蔵省印刷局記念館顧問 植村峻氏)

大金庫室お金の世界 宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM