七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


江戸時代の大判




慶長大判


金融資料館の見どころ&蘊蓄(うんちく)
慶長大判
当「金融資料館」がぜひともご紹介したい展示品のひとつに慶長大判があります。慶長大判は1601(慶長6)年頃から1695(元禄8)年まで鋳造されました。当「金融資料館」に展示している大判の重さは164.0g、寸法は長径約14.6cm、短径約8.7cmあり、金位は68%となっています。
大判は本来、贈答・献上・公納など特権身分の公私儀礼用あるいは、大規模な取引の支払いにあてるために特製された楕円形の板金です。これは正規貨幣であり、そのまま市中で通用するものでしたが、通常は小判など小額貨幣に両替されました。
また、大判の表面には、「拾両」と墨書されていますが、その「両」は44匁(165.0g)をあらわす量目の単位であり、小判の「両」が金貨の単位をあらわすのとは異なります。

大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM