七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


日本の小額・高額紙幣



日本の小額紙幣
日本銀行券 5銭券 1944(昭和19)年(左)
日本銀行券 5銭券 1948(昭和23)年(右)

 

日本の高額紙幣
日本銀行券10000円券1958(昭和33)年




金融資料館の見どころ&蘊蓄(うんちく)
貨幣のギザギザや穴は何のため?
貨幣のギザギザは、もともと「金貨や銀貨等貴金属の貨幣の場合に、外縁が削り取られるのを防ぐため」あるいは「当時の最高額面の貨幣であることを示すため」につけられていましたが、現在は一般的には「他の貨種と区別するため」や「偽造防止のため」につけられています。
また、穴(正式には孔)が開いている理由もギザギザと同様、「他の貨種と区別するため」や、「偽造防止対策のため」ですが、その他に「原材料を節約するため」も大きな理由の一つです。
なお、記念硬貨には全てギザギザが入れられています。例えば、昭和天皇在位50年記念自銅貨のギザギザの数は、昭和天皇と皇后の年齢である75+73に50をプラスして198個となっています。

〔参考〕各貨幣のギザギザの数の例 100円白銅貨 103個
50円白銅貨 120個
50円ニッケル貨(無孔) 137個
10円青銅貨(S26〜33) 132個
5円黄銅貨(S23〜24) 117個


(資料協力:日本銀行金融研究所貨幣博物館、大蔵省印刷局記念館顧問 植村峻氏)

大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM