七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


江戸時代の貨幣制度

江戸時代、徳川幕府(とくがわばくふ)は、貨幣(かへい)発行権の独占(どくせん)と貨幣の様式(ようしき)の統一(とういつ)をはかり、金・銀・銭(銅)3種の性格の異なった貨幣からなる「三貨制度(さんかせいど)」を制定しました。しかし、幕府の制定した貨幣制度は、それまで各地に流通していたさまざまな貨幣の形態をほとんどそのまま使用したものでした。そのため、金貨は小判(こばん)1枚の1両(りょう)を基準とし、1両は4分(ぶ)、1分は4朱(しゅ)の4進法(しんほう)の単位で表す「計数貨幣(けいすうかへい)」、銀貨は重さがそのまま貨幣としての価値となる「秤量貨幣(ひょうりょうかへい)」で、基本単位は「匁(もんめ)」、1匁は10分(ふん)、1000匁は1貫(かん)でした。銭(せん)は1個が「1文(もん)」で1000文が1貫文(かんもん)というように金・銀・銭(銅)がそれぞれ別個の体系をもち、単位の名称も異なっていました。そして、これらの交換は、相場(そうぱ)によって行われていました。金貨1両あたりの相場は時代により異なり、元禄(げんろく)年間(1700年頃)では、銀貨60匁、銭貨では4000文でした。



徳川幕府が制定したわが国最初の全国統一幣制

慶長小判(こばん)
1601(慶長6)年
重量17.9g、品位・金84%



慶長一分金
1601(慶長6)年
重量4.5g、品位・金84%
上が表面、下は裏面



慶長大判(おおばん)
1601(慶長6)年
重量165.5g、品位・金68%



慶長丁銀
(けいちょうちょうぎん)
1601(慶長6)年
品位・銀80%



慶長豆板銀
(けいちょうまめいたぎん)
1601(慶長6)年
品位・銀80%



寛永通宝(かんえいつうほう)
(銅一文銭(どういちもんせん)
1636(寛永13)年
右が表面、左は裏面




金融資料館の見どころ&蘊蓄(うんちく)
東国の金遣い、西国の銀遣い
「東国の金遣い、西国の銀遣い」は江戸時代の貨幣制度の特徴を端的に表した言葉です。当時、東日本では金貨建て・金貨支払い、一方、西日本では銀貨建て・銀貨支払いが普通でした。これは東日本には金の産地が多かったのに対して、西日本には銀の産地が多く、さらには中国との貿易で銀貨を使用した慣行があったことによるものです。
東京都中央区「銀座」
徳川幕府は、金、銀、銭の三貨の鋳造をそれぞれ金座・銀座・銭座で行いました。経営は幕府直轄ではなく、一種の請負形式によるものでした。
金座は、現在の日本銀行本店の所在地に設けられ、また銀座は当初京橋にあり、その後蠣殻(かきがら)町に移されましたが、銀座の名はその町名として残り、現在にいたっています。全国の繁華街でその名をほしいままにしている銀座も、江戸時代に設けられた銀座がその名の始まりです。
小判のはじまり
徳川幕府は政治の裏づけとして、経済体制を確立するため全国統一の幣制を定めました。当時、大判は日常流通することはほとんどないため、大量に流通させる必要のある小判を造りました。
大判は制作者名および花押が墨書されていましたが、頻繁に流通する小判にあっては、墨書は抹消されやすいので、1600(慶長5)年以降「一両」などの金額、花押などの文字はすべて「刻印」となり、大量生産、大量流通に適したものとなりました。


(資料協力:日本銀行金融研究所貨幣博物館、大蔵省印刷局記念館顧問 植村峻氏)

大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM