七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


日本で最初の額面表示金貨





(つゆ)(碁石金ごいしきん
一両金
 

二分(ぶ)一朱金
         


一分朱中糸目(しゅなかいとめ)


角一分金


吉一分金

戦国時代随一の産金地甲斐国(山梨県)を領有していた武田氏が鋳造・発行した甲州金が、日本で最初の額面表示金貨です。通用価値は重量を基準とし、額面金額として表面に打刻されていました。その額面単位は4進法・2進法により右のように定められていました。

 両=約15グラム
 分=1/4両
 朱=1/4分
 朱中=1/2朱
 糸目=1/2朱中
 小糸目=1/2糸目
 小糸目中=1/2小糸目


金融資料館の見どころ&蘊蓄(うんちく)
「びた一文」の「びた」って何?
奈良時代から平安時代にかけて朝廷が発行した「皇朝十二銭」の鋳造が停止してからしばらくの間、日本国内では貿易を通じて大量に流入した渡来銭(中国銭)が貨幣として使われていました。ところが室町時代以後、それらだけでは経済の拡大と貨幣の需要に対応できず、渡来銭を真似て鋳造した私鋳銭もあらわれたのです。
私鋳銭の多くは、渡来銭と比べて品質が劣っていました。また、渡来銭も長年の使用にともなって、品質の低下がみられるようになりました。それらは品質の良い「良銭(精銭)」に対して「悪銭(鐚鉄=びたせん)」として区分されました。「びた一文」の「びた」とは、この「鐚鉄」のことです。鐚銭という言葉は、重ね合わせるとびたびたと音がしたことに由来したそうです。



大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM