七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


七十七銀行の確立

1883(明治16)年に「国立(こくりつ)銀行条例」が改正され、国立銀行の営業期間は創立後20年間と定められました。これは日本銀行を唯一(ゆいいつ)の発券銀行として設立して、銀行券を一元的(いちげんてき)に発行する制度の確立と、通貨の安定をはかるためのものでした。そのため、全国の国立銀行は銀行を解散するか、もしくは普通銀行へ転換(てんかん)するかの選択を迫(せま)られました。当時は日清戦争(にっしんせんそう)後の不況下(ふきょうか)にあり、解散、転換のどちらにしても大変な時代でした。
その中で第七十七国立銀行は、1898(明治31)年に元日本銀行総裁(そうさい)の富田鉄之助(とみたてつのすけ)(元仙台藩士(せんだいはんし))などの指導をあおぎ、国立銀行から株式会社の普通銀行への転換をはたしました。
その後、1908(明治41)年の宮城屋貯蓄(みやぎやちょちく)銀行の支払い停止による影響(えいきょう)を切り抜けますが、1927(昭和2)年に金融恐慌(きんゆうきょうこう)が発生して、銀行の合併(がっぺい)が進められることになり、七十七銀行、宮城商業銀行、仙台興業(こうぎょう)銀行の3行が合併しました。また1932(昭和7)年には、七十七銀行、東北実業銀行、五城(ごじょう)銀行の3行が合併し、株式会社七十七銀行を新設し、現在に至っています。
宮城商業(みやぎしょうぎょう)銀行の最初の本店

製糸業を中心とする商工業の振興をはかることを目的として、1897(明治30)年、仙台市大町三丁目に開業しました。「米の七十七」に対し、「繭(まゆ)の商銀」と並び称されましたが、1927(昭和2)年、七十七銀行と合併しました。

東北実業(とうほくじつぎょう)銀行 五城(ごじょう)銀行(旧第八銀行本店)
1910(明治43)年、はじめ遠田郡の涌谷町に創立されましたが、翌年、仙台市名掛丁に移転しました。佐々木重兵衛らが発起人で、折からの凶作や不況に対処するために設立されました。
1932(昭和7)年の恐慌のなか、七十七銀行と合併しました。
1893(明治26)年、第七十七国立銀行が、貯蓄預金業務を行う姉妹銀行として、宮城貯蓄銀行を大町一丁目に設立しました。1921(大正10)年、普通銀行に転換し五城銀行と改称し、1932(昭和7)年、七十七銀行と合併しました。


(資料協力:仙台市博物館)

大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM