七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


七十七銀行と東京証券取引所

1878(明治11)年5月に創立された東京株式取引所(かぶしきとりひきじょ)(現「東京証券取引所」)は、取引高(とりひきだか)が増えるのに伴い、株式の売買における精算すべてを行う出納(すいとう)業務(取引立会場(たちあいば)の勘定を縮めた専門用語で「場勘業務(ばかんぎょうむ)」という。)を、知識と経験を持つ銀行に任せることにしました。1894(明治27)年10月に、数ある銀行の中から唯一(ゆいいつ)第七十七国立銀行が選ばれて「場勘業務」を取り扱うようになりました。地方銀行の第七十七国立銀行に決定した理由は、東京支店が株式取引所の近くにあったことに加え、1.渋沢栄一(しぶさわえいいち)の推薦(すいせん)があったこと、2.のちに第五代頭取となった大野清敬(おおのせいけい)が東京支店長時代、不況(ふきょう)による株の暴落(ぼうらく)時に株式取引所への救済融資(きゅうさいゆうし)を行い危機(きき)をすくったこと、3.第七十七国立銀行の仕事ぶりが大いに信頼されるものであったことが要因でした。1949(昭和24)年まで東京証券(しょうけん)取引所の唯一の「場勘銀行」としてその業務を続け、1994(平成6)年10月に「場勘業務」100周年を迎えました。1997(平成9)年10月には、東京証券取引所から場勘銀行を発展的に転換した新しい決済システムを担(にな)う「清算銀行」の指定を受け現在に至っています。
創業期の東京株式取引所

東京証券取引所のシンボルマーク
「商売の神様」

大正時代の東京株式取引所





金融資料館の見どころ&蘊蓄(うんちく)
七十七銀行と東京証券取引所
証券取引所では、毎日株や債券などの発行や売買が行われており、その基本的な仕組みは下図のとおりです。

○株式の売買の場合

株式の売買の場合、株式を売ることは、株主がお金を必要とする時に株券を売ってお金に換えることで、逆に買うことは会社が発行した(会社の必要な資金を株式の発行で調達すること)株券を買い、お金を投資運用することです。
売買が成立すると、株式を買った人はその代金をA証券会社に支払います。また株式を売った人は、株券をX証券会社に渡さなけれぼなりません。この売買代金を清算する役目を持った銀行が、「場勘銀行」(現在は「清算銀行」)と呼ばれ、地方銀行では七十七銀行が唯一指定されています。


大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM