七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


国立銀行の誕生

明治政府は、維新(いしん)後の近代産業振興(しんこう)や、政府が発行した多額の国債(こくさい)や不換紙幣(ふかんしへい)(金貨と交換(こうかん)できない紙幣)の整理などのために、近代的な金融(きんゆう)機関の必要性を考えていました。
そこで、1872(明治5)年、アメリカの「ナショナル・バンク」を手本とした銀行制度を導入し、のちにわが国銀行界の中心的人物となる渋沢栄一(しぶさわえいいち)らの起案(きあん)による「国立銀行条例」を制定しました。こうして第一国立銀行など4行が生まれました。国立銀行といっても国営ではなく「国立銀行条例」に基づき設立された私立の銀行で、発行する銀行券は金貨との交換を義務づけられていたため、その経営は大変でした。1876(明治9)年に「国立(こくりつ)銀行条例」は改正され、金貨との交換義務が廃止(はいし)されて、銀行券の発行限度も拡充(かくじゅう)されました。
その結果、全国的に銀行設立ブームが起こり、153行もの国立銀行が誕生しました。その背景には、殖産興業(しょくさんこうぎょう)の進展にともなう企業(きぎょう)設立の機運(きうん)の高まりと、授産(じゅさん)政策(仕事を与える政策)によって、士族(しぞく)が銀行設立で職を得ようとしたことがあります。

国立銀行紙幣(新券)5円券
1878(明治11)年
殖産興業のシンボルとして
鍛冶屋と工場が描かれています。

東京名所之内海運橋第一国立銀行


(資料協力:日本銀行金融研究所貨幣博物館)

大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM