七十七銀行:金融資料館 The The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM


金庫室大扉

銀行の金庫は、お客様や銀行の大切なものを保管する設備で、「堅牢(けんろう)」・「安全」・「安心」を満たすように作られており、文字通り銀行の「信用」を表すシンボルともいえる設備ですが、なかなか間近にみる機会は少ないものと思われます。実際の金庫扉の重さは、数トンにもなり、「金融資料館」を設置する建物に単位床面積当りの荷重制限があって、本物を設置することはできませんでしたが、それでも扉1枚で重さが約200kgにもなりました。この扉を支える鉄柱や鉄の格子戸など付属設備を加えれば、相当の重さになります。展示室入口の全体の大きさについては、右図のとおり、高さが2.6m、幅は3.4m、そして扉の厚さが0.4mと大変大きなものとなっています。
是非、実際に大扉を開けてみて、その感触を試していただきたいと思います。

 


大金庫室お金の世界宮城県・仙台市の歩みと七十七銀行戦後の変遷
金融情報ライブラリーATM型来館記念スタンプコーナー金融資料館の見どころ&蘊蓄ご利用案内

もどる The 77BANK CYBER CURRENCY and BANKING MUSEUM