ソフトウェアキーボードについて

「セブンメイトWebサービス」、「セブンメイトWebサービス《タイプII》および「セブンメイトWebサービス《ミニ》」のセキュリティの強化をはかるため、ソフトウェアキーボード機能を導入しておりますのでご利用ください。

ソフトウェアキーボードとは?

ソフトウェアキーボードは、画面上に表示されたキーボードをマウスでクリックすることによりパスワード等の入力をするものであり、不正プログラムを使用しパスワード等のパソコンキーボードでの操作履歴情報を盗み取るスパイウェア等に対して有効な対策となります。また、キーボード入力が苦手な方でもマウス一つで入力が可能となることから、パスワード等の誤入力防止がはかられます。

※スパイウェアとは、電子メールやフリーソフト等を介して、お客様のパソコンに侵入し、パスワード等の情報を収集し、第三者へ送信してしまうソフトです。

ソフトウェアキーボードは、次のパスワード等入力の際にご利用いただけます。

1.ログインパスワードの登録、入力、変更時の各画面上
2.確認パスワードの登録、入力、変更時の各画面上
3.会計情報暗証番号、資金移動暗証番号、資金移動確認暗証番号の各入力画面上
4.承認パスワードの登録、入力、変更時の各画面上
※従来どおりパスワード等については、直接キーボードから入力することも可能ですが、安全対策としてソフトウェアキーボードの利用をお勧めいたします。

ご利用方法

1.パスワード等入力画面の「ソフトウェアキーボードを開く」をクリックすると、ソフトウェアキーボードが画面上表示されます。
2.パスワード等を一文字ずつマウスでクリックすると、選択文字の色が変わるとともに、クリックした文字は、パスワード等の欄に「●」で表示されます。
3.パスワード等の入力終了後「決定」ボタンをクリックすると、パスワード等入力画面に戻りますので、操作を継続して下さい。
<参考画面>「ソフトウェアキーボードを開く」をクリックすると
topTOP BACK