「EV SSL証明書」についてのご案内

「セブンメイトWebサービス」、「セブンメイトWebサービス《タイプII》および「セブンメイトWebサービス《ミニ》」のセキュリテの強化をはかるため、「EV−SSL証明書」による認証機能を導入しておりますのでご活用ください。

「EV SSL証明書」について

○概要
 SSLは、インターネット上での機密情報の保護のための暗号化機能と、WEBサイトの運用者を認証するための認証機能の2つの機能を持っていますが、サイトの運営者の実在性を認証する基準が認証局によって異なっていることやエンドユーザ側が容易に確認できる方法がないという問題点がありました。
これらの問題と、SSLを利用したフィッシング詐欺等の対策を実現するために米国のCA/Browser Forum にて新たなソリューションが策定されました。この新たな規格が、「EV(Extended Validation)SSL証明書」です。

○機能
 最新のブラウザ(マイクロソフト社Internet Explorer7)では、「EV SSL証明書」を利用しているサイトが正しいサイトであることをご利用者様が確認できる方法として、アドレスバーを緑色で表示し、且つ、サイトを運営する組織と証明書を発行した認証局を交互に表示するための機能を有しております。

※「セブンメイトWebサービス」、「セブンメイトWebサービス《タイプII》」および「セブンメイトWebサービス《ミニ》」においては、上記サイトを運営する組織として「NTT DATA CORPORATION」、認証局として「VeriSign」と表示されます。
注.「セブンメイトWebサービス《タイプU》」については、「会計情報、資金移動、諸納付受付サービス」のサイトのみ表示対象となります。

対応OSブラウザについてのご留意事項について

 現状、「EV SSL証明書」を利用した際の前記表示機能を有するブラウザソフトは、マイクロソフト社製InternetExplorer7となります。
 なお、表示機能を有効化するためには、ご利用者様の端末にて必要となる設定がございます。WindowsVISTA、WindowsXPで対応方法が異なりますので、それぞれの対応方法について下記に記載致します。
 なお、表示機能が有効となっていない場合についてもサービスのご利用は従来通り可能です。

"WindowsVISTA + InternetExplorer7"の場合の設定方法について

 "WindowsVISTA + InternetExplorer7"をご利用の場合に前記「EV SSL証明書」の表示機能を有効にするためにはInternetExplorer7にて、「自動フィッシング詐欺検出機能」が有効となっている必要があります。当設定はマイクロソフト社の"推奨"設定となりますが、設定状況の確認方法を"【別紙1】ブラウザ設定方法"に記載いたします。
 また、WindowsVISTA利用の場合でも、OSのインストール時にWindowsXPよりWindowsVISTAにアップグレードした場合は下記【"WindowsXP + InternetExplorer7"の場合の設定方法について】に記載する手順が必要となります。

"WindowsXP SP2 + InternetExplorer7"の場合の設定方法について

 "WindowsXP SP2+ InternetExplorer7"をご利用の場合に「EV SSL証明書」利用サイトにおけるアドレスバーの表示機能を有効とするためには別途ご利用者様の端末にて下記(1)と(2)に記載する対応が必要となります。

(1)パソコンの設定について
"WindowsXP + InternetExplorer7"をご利用のパソコンの場合、初回のみ下記の@もしくはAの対処どちらかが必要となります。

@WindowsUpdateによる対処方法(マイクロソフト標準提供)
マイクロソフト社WindowsUpdate Webサイトにて、EV SSL証明書の表示機能を有効とするためのソフトウェアをインストールしていただく方法となります。
操作手順につきましては、WindowsUpdate方法についてをご参照ください。
マイクロソフト社の関連HPは下記の通り。
http://support.microsoft.com/kb/899793/ja

Aベンダ提供のソリューションによる対処方法(ご参考)
「EV SSL証明書」を発行する日本ベリサイン社より、HP上の日本ベリサイン社のロゴを参照するだけでEV SSL証明書に対応可能となるベリサインセキュアドシールが提供されております。
ANSER−WEB(アカウントアクセス)などの「EV SSL証明書」を利用しているサイトへ遷移する前にご利用者様がHPに添付されている日本ベリサイン社のロゴ(ベリサインセキュアドシール)を参照することにより、自動的に「EV SSL証明書」の表示機能を有効化することが可能です。
ベリサインセキュアドシールの表示されたページは下記の通りとなります。
http://www.verisign.co.jp/index.html
ご利用者様が、上記ページのベリサインセキュアドシールを参照することで表示機能が有効化されます。
また、ベリサインセキュアドシールは、日本ベリサイン社にてサーバID(SSL証明書)を購入された場合には無償で添付が可能となります。
詳細につきましては、下記日本ベリサイン社HPをご参照ください。
http://www.verisign.co.jp/securesite/sitelist.html


(2)ブラウザの設定について
 "WindowsXP + InternetExplorer7"をご利用の場合にもWindowsVISTAの場合と同様にInternetExplorer7にて、「自動フィッシング詐欺検出機能」が有効となっている必要があります。設定状況の確認方法はブラウザ設定方法をご参照ください。
topTOP BACK